5つの方法!リハビリのプロが勧める美脚へのセルライト対策

5つの方法!リハビリのプロが勧める美脚へのセルライト対策

5つの方法!リハビリのプロが勧める美脚へのセルライト対策

 

 

「美容と健康のリハビリトレーナー」です。
リハビリの仕事をしている私は、普段から医学的な視点で運動やマッサージなどを考えています。
今回は、そんな私が、美脚の敵セルライト対策を考えてみました。

 

巷には、いろいろなセルライト情報があふれていますね。
でも、高額だったり、リスクを伴うものもあるようです。
健康的にセルライトを減らせて美脚になる方法があれば、それが一番ですよね。
セルライトの特徴を理解して、効果的に美脚を作る方法を学びましょう。

 

 

<美脚の敵セルライトとは>

 

皮膚が凸凹に見えるセルライトですが、その中身はどうなっているのでしょうか?
ひとことで言えば、肥大化した脂肪細胞にコラーゲン繊維などが絡みついたようなものです。
脂肪細胞の中の白色脂肪細胞と呼ばれるものは、エネルギー源の貯蔵庫として存在し、全身のあらゆるところにあります。
特に、下腹部、臀部、大腿部、上腕などに多いのです。

 

この白色脂肪細胞は、思春期で増加して、その後はほとんど減少しないことが知られています。
ちなみに、全身の他の細胞は加齢とともに減少します。
歳をとっても、脂肪だけが目立つ理由は、細胞そのものが減らないからなのです。
この白色脂肪細胞は、エネルギー過多の状態になると、なんと直径20倍、容積400倍まで肥大化します。

 

肥大化した白色脂肪細胞は、周囲の血管やリンパを圧迫して循環を悪くします。
リンパは、本来なら余分な水分とともにタンパク質や脂質を回収しますが、循環が滞ることでタンパク質の一種であるコラーゲンが脂肪細胞の間に溜まりやすくなります。
そして、セルライトとは、肥大化した脂肪細胞に繊維化したコラーゲンが絡みつき、皮膚側に引き寄せられた状態なのです。

 

 

 

 

<セルライト撃退方法>

 

セルライトの本体は、肥大化した脂肪細胞です。
ですから、その撃退方法は摂取カロリーをコントロールしつつ全身の代謝を活性化して脂肪細胞を小さくすることと、リンパの流れを良くして余分なコラーゲンや水分の回収を促進することです。

 

・食事
食事と運動は、美脚を作るダイエットの基本ですが、極端な食事制限はむしろ逆効果になる可能性があります。摂取カロリーは多くなりすぎないようにしつつ、タンパク質などはしっかりと摂る必要があります。
BMIを計算して、標準範囲を目指しましょう。

 

BMI25までは適正値で、健康には22程度が良いとされています。
25を超えている場合は、少し真面目にダイエットを考える必要があります。
ただ、標準や痩せ気味の方の中にも、体脂肪率が高い場合もあります。
そのような場合には、むしろカロリー制限を行うよりも、大豆や肉や魚などでタンパク質をしっかり摂りつつ運動の習慣をつけることが効果的です。

 

食物繊維をとりましょう。
老廃物の代謝促進には、野菜などに含まれる食物繊維が効果的です。

 

・運動
美脚作りとセルライト対策のための運動は、ウォーキングなどの有酸素運動が基本です。
脈拍がやや高めとなるような運動を20分間以上、週に2~3回の頻度で行うことが理想です。
難しい場合は、週に1回でも良いと思います。

 

有酸素運動時の適切な脈拍数の計算は、180公式というものを使うと便利です。
170から年齢を引いたものを下限値、180から年齢を引いたものを上限値として、1分間の脈拍数を決めます。
仮に40歳の場合は、1分間に130~140ということになりますね。
そんなにきつい運動ではないということがポイントです。
運動自体で、脂肪を燃焼させるというよりは、運動を習慣にして基礎代謝を上げることが目的なのです。

 

軽い筋トレも加えられれば理想的です。
筋肉が増えると基礎代謝が上がり、安静時でも脂肪が燃焼しやすくなります。
本格的でなくてもかまいませんので、下半身中心に行いましょう。
私のオススメは、つま先立ち運動によりふくらはぎの筋肉を引き締めることです。
リンパの活性化にもなります。
立った状態で、両足でつま先立ちを行います。
少し筋肉が疲れる程度の回数を行い、2~3セット繰り返しましょう。
慣れたら、重りを持って行ったり、片脚立ちで行うことにも挑戦してください。

 

・水分摂取 
水分は不足しないようにしっかりと摂りましょう。
1日あたり、1.5?2リットルの水分を摂取して、全身の代謝を高めましょう。

 

・リンパ活性化でコラーゲンの沈着をふせぐ 
リンパの活性化には、普段から良い姿勢をとることが大事です。
立ち姿勢でも座り姿勢でも、重心線が身体の真ん中を通るイメージで、背中をまっすぐに伸ばす習慣をつけましょう。
他にも、リンパマッサージやストレッチも効果的です。

 

・入浴 
入浴時には湯船に入るようにしましょう。
全身の循環が促進されて、自律神経のバランスが整えられます。
自律神経の中の副交感神経は、リラックスした時に働きますが、血管を拡張して血液の流れを良くする効果があります。
少し長めの入浴は、運動と同じように代謝を高める効果も期待できますね。

 

 

下記の記事も見てくださいね。

 

 

簡単な方法!リンパでむくみを解消して美脚になろう!

 

 

<まとめ>

 

1,「美脚の敵セルライトとは」のまとめ
セルライトは、肥大化した脂肪細胞にコラーゲン繊維が絡みついたもの。
セルライトのことを知って、対策を考えましょう!

 

2,「セルライト撃退方法」のまとめ
セルライト対策には、食事、運動、水分摂取、リンパ活性、入浴などが効果的。
正しく理解して取り組みましょう。